ギョウショーをなめたらアカン①

 移動スーパーの事業で、ずーっと良縁ばかり続いていました。

不思議なくらい、ずっとです。

 

 でも、今回初めて「嫌だな」と思う業者に出会いました。

生鮮食品の中で、特に大切な「白物4品(卵・食パン・牛乳・豆腐)」のうちの一つです。

 

 紹介を通して、近くを配達に来たときに、会う約束をしていたのですが、

①忙しいと、後日に延期され、

②「15時以降しか時間が取れない」とおっしゃっていたのに、13時に電話。取れなかったので、30分後かけ直すと、「もう通り過ぎました。」

③「そもそも、会わないとダメですか?言ってくれはったら、持っていきますよ」

 

とのことで、

「顔もあわさず、挨拶もせず、試食もせず、話もせずに始めることは出来ません。」と怒りをセットして、お伝えしました。

 

 紹介してくれた方には、後日、ご心配の電話もいただきました。

 

 多分、販売力が無いと思われているんでしょうね。行商(ギョーショー)のパワーを知らないな~。

実際、紹介者には「あんまり沢山売る力ない」と言いましたが、それは謙遜なんだけどな。

 

 

 

 思い起こせば、色んな人に助けてもらったな~。

 

 損得抜きにアンケート集めに動き回ってくれた方。

 色々な人に紹介してくれた方。

 「この子何にも知らんから、教えてあげなあかんねん。」と言ってくれる、市場のお母さん。

 親戚に農家があるのに、米を買ってくれた肉屋の会長。

 無償で見学させてくれた、移動販売の先輩方。

 

 出会った人が、たまたま良い人ばっかりだったから、これが当たり前と思ったら、罰が当たりますね。

 あらためて、「絶対恩返しするぞ!」と心に誓いました。