ユキチを救え!

 今日、お客様の門前で、カバンを開けると、1万円札がヒラヒラ~っと、側溝の穴へ吸い込まれていきました。

 

 穴はヨコ2cm、タテ5cmです。もう1回入れろと言われても出来ないくらい小さな穴です。

 

 ここからユキチ君の救出作戦開始です!

 

【作戦1】フタこじ開け作戦

 お客様によると、30年来開けたことのないフタで、開かないと思うとのこと。バールとブロックで開けようとしたものの、重すぎて、無理。アスファルト舗装とも重なっており、コジ開けは断念しました。

 

【作戦2】掃除機吸い取り作戦

 ならば、次なる手は吸い込み作戦です。掃除機と長いノズルを持参し、お客様から電源を借り、スイッチを入れてみたものの・・・。

穴から少しずれて落ちているユキチ君は掃除機を上手くかいくぐります。

 深さが70cmもあり、懐中電灯で照らすとハッキリとユキチ君が映し出されます。見えているのに助け出せない、もどかしさ。

 

 ユキチ君に出会うためには、一体いくつの卵を販売しなくてはならないか・・・。10円、20円の利益の積み重ねでお商売をしているものにとって、ユキチ君は憧れの存在です。彼に会うために、何百という商品を販売しているのに・・・。

【作戦3】トリモチ作戦

 最終手段、トリモチでひっつけます。

ホームセンターで園芸用針金と粘着シートを買って、トリモチ棒を自作しました。

 ソ-セキ君なら諦めていたでしょうが、ユキチ君へは執念が違います。

 あすは雨の予報です。流されて行く前に救出しなくては・・・。

トリモチで案外簡単にユキチ君は救出されました。

 

 1週間の疲れが吹き飛び、救われたような気持ちです。

めでたしめでたしです。