『道と音』。『メーワクと便利』

 移動販売で、悩ましいのが道と音の問題です。

 

道をふさいでごめんなさい。

 移動スーパーのご利用者は健康な方も多いのですが、「買い物難民」「買い物弱者」と呼ばれる方々も多く利用いただいています。

このような方は、足腰が悪く、よろめきながら、ゆっくりとしか動けません。

健康な方には信じられないでしょうが、外へ出ることも出来ず、家の中へ運んで見てもらうこともあります。

ですから、なるべく歩かなくて済むようにお家の前に車を停めて買い物をしていただきます。

 

 すると、狭い道では道路をふさぐことになり、通行の邪魔になります。

 

 先日、通行の邪魔だと電話がありました。製薬会社の営業ウーマンの方ですが、「急いでいるので近道をしようとしたのに5分以上待たされた。」と怒られました。

 僕も辛いところですが、足の不自由なご高齢の方に「車が来たので、ちょっと動かしますので移動してね」とは言えませんし、移動だけでも5分、10分かかります。デイサービスの送迎も苦労されているとうかがいます。

 

 もっと社会的に認知・理解が深まれば良いなあと思います。

 

うるさくてごめんなさい。

 移動スーパーくるみーるでは音楽をかけています。

音楽を合図にお家の中から出てきていただき、お買い物をしていただきます。

 結構なボリュームです。(念のため、条例に基づく音量以下にし、時間も守っている事を書き添えます。)

最初は気をつかって小さな音にしていたのですが、冬場は窓を閉めているし、お客様の中には耳が遠くなっている方も多いし、テレビのおとに紛れることもあります。

 お客様から「聞こえない」「もっと大きく」との声をいただき、今のボリュームに落ち着きました。

 

「電話すればいいやん」と思われる方もいるでしょう。でも電話口まで移動することが出来ないんです。

健康な方には理解できないでしょう。

 

 ホント、悩ましいところです。「聞きたくない人にはうるさく聞こえ」、「聞きたい人には聞こえない」。

選挙カーも同じでしょうが、音の問題も含め、もっと理解や認知が深まることを望んでいます。