ソーシャルビジネスの『タカ~い』、『カタ~い』話①

 一番タカ~支払いは?

 

問題です。

 Q.一般家庭で、一番高い支払いは何だと思いますか?

   a.食費  b.住宅費  c.教育費  d.教養娯楽費

 

 A. 正解は・・・・・・

   a~dにはありません。

   もっと、ケタ違いに大きな支払いがあります。

   一般的なサラリーマン世帯では、一年の給料の約40%をその支払いに当てていると言われています。

   つまり、12ヶ月の内、1~5月分の給料は「その支払いをするために働いている」というもの・・・・・。

   それは・・・・

 

   税金です。

    支払うのがあまりにも当たり前すぎて、忘れているかもしれませんね。

    また、給料から天引きされていたり、

       モノを買ったときに含まれていたり(消費税・酒税・ガソリン税など)していますので、

    支払った感覚が薄いのかもしれません。

    所得税・住民税・健康保険・介護保険・固定資産税にガソリン税、消費税、たばこ税、自動車税などなど税金は多いです。

    胴元がお国で、そこに住まわせていただいているんだから、仕方がないのですが。

 

 

 これから日本はどうなるの?

  世界で一番早く、超高齢化社会を迎えた日本。

 税金の担い手である、勤労世帯人口が減り、逆に社会保障費負担の多い高齢者が激増します。

 今でも財政はパンク寸前です。

 税金が増えて行くことはあっても、減ることはまず無いでしょう。

 

 次回は、

  こんな時代に、ソーシャルビジネスがどんな役割を果たしていくのか、カタ~く、タカ~くお話ししたいと思います。