美女歴80年×10名

忙しい毎日です。

毎日のように新規のお客様からお申込みやご紹介があり、ありがたいです。
出来るだけ効率よく回らないと回りきれずに時間がオーバーして食い込んでいきます。
  ある地区では、僕が着く前に、ご近所の方々が10名ほど集まって下さっていて、
イスにずら〜っと並んで座って待っておられます。
(美女歴80年以上の方々が並んで座っている絵姿は壮観です!)
写真を撮ってお目にかけたいのですが、写真を撮っているヒマがありません。
着くやいなや、大忙しです。
 「兄ちゃん、アレとって」
 「コレ、なんて書いたる?」
 「こないだのアレ、美味しかったわ。アレ、ホレ、こないだのアレやん!思い出されへん。なんちゅう名前や?」
  待つことを許さぬ、美女達は、四方八方から口撃します。
 美女歴の長さと、お札の折りたたむ回数は比例します。
 皆、なんであんなに細かくお札を折りたたむんでしょう?開けるだけで時間がかかります。
「くるみーる」が週1回の井戸端会議のキッカケ作りとなれました。
これが開業前の夢の一つだったので、実現して嬉しいです。
 
停車場所兼待合室として自宅を開放提供して下さっているお母さんは
「みんなが私の家に集まってくれて、楽しそうにしてくれて、私も嬉しい」といつも言って下さいます。
 こうやって、少しづつ無縁社会を減らす事に役立ちたいと思います。
 
  連休明けにはクーポンチラシを発行します。
イケイケで企画しましたが、果たして増え続けるルートを捌ききれるのか?
今から、ちょっと怖くなってきました。