「店」は「見せ」なり。

GW連休を利用して、くるみーる号の陳列リニューアルをしました。

 

一説によると「店」の語源は「見せ」から来ているそうです。

それだけ、商品陳列は大切です。

お客様の視界に商品が『分かりやすく』『たくさん』目にとまることが大切です。

そのためには、『余計なモノは視界に入れない』『デッドスペースを活用する』など、知恵と工夫のしどころです。

 

 

 

【改造ポイント】

 

①LED照明と仕切り板

 白色LEDに変更

 アクリル製仕切り板、マグネット付き仕切り板

 

②レジ袋・ハカリ等の天井収納

 取り出しやすく、邪魔にもならないように

 

③収納式の乾物棚兼日よけ

 商品展示数が120%アップ

①LED照明と仕切り板

LED照明をオレンジ色の妖しい光から白色に取り替えました。

白色LEDを買い直しました。

取り付けもやってみたら意外と簡単にできました。

ハンダ付けなんて久しぶりにやりました。

 仕切り板をアクリル製のモノに変更しました。

透明感があり、写真では写らないです。

 仕切り板もマグネットがくっつくように棚板改良しました。

これで、商品が動くことも少なくなり、何より見た目がスッキリ、COOLな印象になりました。


②レジ袋・ハカリ等の天井収納

 レジ袋・ビニール袋・ハカリ等は、商品ではありません。ですから、お客様から見えなくても良いものです。

 サイドパネルの天井部分に引越しました。邪魔にならないし、さっと引出しやすくもなりました。


③収納式の乾物棚

 乾物棚はサイドパネルに収納できるモノです。

外側は日よけ兼POP、内側には棚が4段あり、収容力は大きいです。

サイドパネルとガラス面の間のデッドスペースはこれで解消です。

 

でも、100均のワイヤーネットではちょっと強度不足でたわんでいます。

次回の改善点です。