日常と非日常

 毎週木曜日の決まった時間、ある施設に訪問しています。

くるみーる号ではなく、妻が別の車両で訪問しています。

 

 先日、そこの入所者が夜中に殺されるという事件が起きました。

 

詳しいことは分かりませんが、施錠されていたので、外部から侵入される可能性は低いとのこと。

でも、この施設はとてもしっかりしていて、職員さんも人間的によくできた方が多いので、ちょっと信じられません。

 

 事件の翌日が訪問日だったので、伺って良いのやら、ダメなものやら・・・。

電話をして聞きますと、「ぜひ来て下さい。」とのことでした。

妻の話によりますと、マスコミと警察官がいっぱい来ていて、物々しい雰囲気だったそうです。

 

 でも、いつものお買い物では、いつもの顔なじみのお父さんお母さんが待っていてくれて、いつものように楽しく買って下さいました。

多くの職員さんやお父さんお母さんから、「こんな時にも来てくれて、ありがとう!」と声をかけていただいたそうです。

「こんな忙しい時に来やがって!」と言われるかと恐る恐るだったのに、とても嬉しかったと言っています。

 

先週、ウチのミスで怒らせてしまったお母さん。

「二度と来るか!」と捨てゼリフ。

でも、今日も何事も無かったかのようにニコニコ顔でお買い物でした。

 

 世を達観した、お父さんお母さん達にとっては、こんな時でも、時間はいつものように流れ、いつものように穏やかに、過ごせているんですね。