お客様人情劇⑤ 「バナナのお父さん」ロス

 妻が、「バナナのお父さんロス」です。

 

木曜日に訪問する高齢者施設。

ここに、移動販売を楽しみにしてくれていたお父さんがいました。

いつも、バナナを買ってくれたので、「バナナのお父さん」です。

 

 お父さんは、他の入所者さんの車イスを押してまで来てくれていました。

いつも、「移動販売だけが楽しみや」と言ってくださったり、優しい言葉をかけてくださったり、「来てくれてありがとう。」と喜んでくださったりしていました。

 

 つい先日、お亡くなりになったようです。元気だったのに・・・。

 ご家族からは、「最後に一つでも楽しみがあって良かったです」とおっしゃっていただいたようです。